九千部の緑と生きもの(五ヶ山だより)

青い空と豊かな緑に恵まれた、都会を望むオアシスで心もからだもリフレッシュ!
 

五ヶ山だより H28年3月撮影

オオクロバエ 2016/03/26撮影  10月ごろから5月ごろにかけてみる大きなハエです。九州では大陸との間で渡りをしています。5月過ぎると、玄界灘を超えて朝鮮半島へ渡っていきます。 オオクロバエ 2016/03/26撮影 10月ごろから5月ごろにかけてみる大きなハエです。九州では大陸との間で渡りをしています。5月過ぎると、玄界灘を超えて朝鮮半島へ渡っていきます。

イタドリハムシ 2016/03/26撮影 春の定番イタドリハムシです。成虫で越冬し、春に姿を現します。イタドリは付近で見かけない気がしますが、ギシギシあたりを代用食で食べているのでしょうか。 イタドリハムシ 2016/03/26撮影 春の定番イタドリハムシです。成虫で越冬し、春に姿を現します。イタドリは付近で見かけない気がしますが、ギシギシあたりを代用食で食べているのでしょうか。

シュンラン 2016/03/26撮影 「おまたせー」とばかりにシュンランが咲き始めましたよ。昔ながらの二次林の林床に見かける花ですが、近年はどこもが照葉樹林にかわり、シュンランも盗掘も相まってずいぶん少なくなりました。目立たない花ですが、とてもいい感じの花です。 シュンラン 2016/03/26撮影 「おまたせー」とばかりにシュンランが咲き始めましたよ。昔ながらの二次林の林床に見かける花ですが、近年はどこもが照葉樹林にかわり、シュンランも盗掘も相まってずいぶん少なくなりました。目立たない花ですが、とてもいい感じの花です。

ノリウツギ 2016/03/25撮影  7月ごろから9月にかけて白いアジサイのような花をつける植物です。ガ便が目立つ部分は装飾花といい、花粉媒介者である昆虫に花の存在を宣伝する部分です。実際の花は小さく目立ちません。 ノリウツギ 2016/03/25撮影 7月ごろから9月にかけて白いアジサイのような花をつける植物です。ガ便が目立つ部分は装飾花といい、花粉媒介者である昆虫に花の存在を宣伝する部分です。実際の花は小さく目立ちません。

ツルグミ 2016/03/25撮影  その名の通り蔓状に成長するグミです。葉は無毛で裏は少し灰赤色をしており、ちょっと異質な感じのグミです。実はおいしくないのだそうで、がっかりです。 ツルグミ 2016/03/25撮影 その名の通り蔓状に成長するグミです。葉は無毛で裏は少し灰赤色をしており、ちょっと異質な感じのグミです。実はおいしくないのだそうで、がっかりです。

ノグルミ 2016/03/25撮影  昨年の枯れた実がついていました。中には粉のような種子がはいっていたことでしょう。 ノグルミ 2016/03/25撮影 昨年の枯れた実がついていました。中には粉のような種子がはいっていたことでしょう。

メニュー


ページ
トップへ